自分らしいカラダ、負けないカラダ~Your Own Style~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
靴から見えるカラダ
このパンプス、花谷お気に入りの一足です。
パンプス上

普段はペタンコ靴か運動靴で現場を行き来しているのですが、気分を変えたい日はパンプスをはくようになり早2年(かなり遅いパンプスデビュー 笑)

ある日、MIPCCにこのパンプスで行くと亀田トレーナーが一言。
「あ~、その靴ひどいなぁ~~~」
パンプス横

何がひどいって、みなさんお気づきですか?
そうです、右靴が外側斜めに偏っています。上の写真も同様です^^;
言われてみて、夏のサンダルも右足だけひどく変形してしまったことを思い出しました。

「靴がそうなるってことは、カラダが歪んでいるってことだよ」とスタッフにも端的な亀田トレーナー。“歪み”に敏感な30代女性としては、最近歩く時のバランスが悪くて右足がスコッとすくわれ転びそうになる回数が増えたことが心をよぎりました(でも、まだ転んではいませんっ)。
靴の傾きと足がすくわれる不安定感がピンっとつながり、かなりドキドキです。

そして、「歪みの一要因は、筋力の低下だね」と決定的な一言。
“低下”にももちろん敏感な年代です^^; 私の場合、右の内転筋(太ももの内側の筋肉)がきいていないこと、中臀筋(お尻の筋肉)も上手く使えていないということで、その強化のためのトレーニング指示をもらいました。

いくら転ばないようにと歩き方を注意しても、根本の要因が改善されなければ日々の不安は解消しない。これは私たちが大切にしていることですが、自分のカラダで再認識です。

ちなみに、内転筋のトレーニングの一つは両膝の間にボールをはさんで押しつぶすように力をいれるとのこと
080303_213357.jpg

通勤電車に乗っている間は、ボールを荷物に変えて地道に続けています!
このトレーニング効果がでれば、足元の安定感はもちろん、座っていると何気に右足が開いてしまう悪い姿勢も改善するはず!
何ともありがたい職場です。

花谷遊雲子

ブログをご一読いただきありがとうございました。
是非、この記事に一票宜しくお願いします。

人気blogランキングタグ




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。